トップページ > 設立50周年 > 皆さんお久しぶり > 1月 皆さんお久しぶり 第10回

1月 皆さんお久しぶり 第10回

皆さんお久しぶり
~OB・OGが近況報告~ 第10回


木村 豊さん (元事業課長)

 北九州港振興協会設立50周年おめでとうございます。
 私は、平成8年4月から平成10年3月まで2年間、事業課長として勤務させて頂きました。
 当時、向井事務局長(北九州市OB)、常任幹事会社から出向してきた松本企画課長(鶴丸海運(株))と私(日鐵運輸(株))で北九州港をいかにPRできるかをコンセプトに事業及び活動を展開していきました。
 港湾関係者からの課長は、先駆けで民間の知恵を活かした市民向けイベントや会員向けサービス充実させようと考えました。
 例えば、
(1)利用しやすい駐車場の管理・整備 
(2)海事広報艇「みらい」の運用面を拡大して身近な北九州港をPR
(3)機関誌「北九州港」に一目でわかる港湾知識・用語の特集記事や北九州港ニュースの充実 
(4)普及し始めたパソコンを利用促進するため「インターネット実務者セミナー」講座の実施 
(5)関門港ボート天国を市民参加のイベントに変更 
(6)北九州港の風景をテーマに一般公募した「港の写真コンテスト」の実施 
(7)会員メリットを強調した新規会員の開拓
などです。
 
 この期間に人生初めてとなる海外視察(旅行)を経験しました。パスポート取得から海外渡航の準備まで指導を受けながら韓国、台湾、香港、シンガポールなど東南アジアの港湾視察や現地で活躍されている日本企業の会社の方との交流を行いました。





私の宝物

私の宝物 (お別れの際の寄せ書き)

協会在籍時のひとこま

​     協会在籍時のひとこま




​現在の木村さん (八幡港友会 事務局長)

​現在の木村さん 
(八幡港友会 事務局長)


​ 特に、思い出に残っているのは「関門港ボート天国」イベントで門司海上保安部の支援を受けて旧門司税関前の船溜まり周辺で実施した「スイム&ラン」です。初めての試みなので大会準備や各所管の許可を取るために奔走しました。
 そして「スイム&ラン」を紹介するNHKの夕方ローカルテレビ番組に出演まで決まっていたのですが、警察の道路許可が間に合わず出演キャンセルになり人生初のテレビ出演を逃し残念でした。
 また、業務打合せの後、協会の仲間、港湾局の方、港湾関係者の方、イベントに参加した方々と酒を飲み交わしたり、門司みなと祭りイベントに参加、港湾局ソフトボール大会に参加、親睦旅行やゴルフなど沢山の思い出が出来ました。

 これらは皆さんの力添えがあったからこそ実行できました。本当に感謝です・・・・
 
 それから20年近く経って、八幡港友会で勤務することになり港湾関連の皆さんと一緒に仕事ができるなんて想像もしていませんでした。
 さらに協会へ挨拶に行くと当時のスタッフがそのまま勤務していて暖かく迎えてくれて、またまた感動しました。これも「ご縁」ですね。
 これからも元気で明るく楽しくやっていきましょう。
 最後に北九州港振興協会が、今後ますます事業発展することをお祈り申し上げ私の近況報告とします。


*担当者からひとこと*

協会のメンバーから「キムタクさん♪」と呼ばれ、とても慕われている木村さん。お写真で手にされている寄せ書きからも、当時の仲の良さが出ています。今回の寄稿文で私は木村さんの時代から「スイム&ラン」が始まったことを知りました!今でも夏の最大のイベントとしてにぎやかに続いています。